無料ブログはココログ

詩集

2020年4月 4日 (土)

私たちは運命と戦うために生まれた・・・Rinascerò rinascerai, Roby Facchinetti

Bergamo-canzone-per-bergamo-rinascer-rin
Bergamoalta-discover-italian-wime-2020
大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』第212回
日本は櫻満開、花吹雪が舞っている、窓から家の中に桜の花びらが漂ってくる。だが、日本は、危機に瀕している。
【都市封鎖して収入保障か、感染爆発で国家滅亡か】【検査して感染爆発防止か、検査しないで医療崩壊か】日本政府、専門家会議は、後者を選択。 愚者と狂人が支配する国。知性と戦略なき国家は、滅亡する。
圧倒する嵐、いかなる危機にも、私は運命と戦う。理念を追求して、運命と戦い、邪知暴虐な敵と戦い、聖なる目的を成し遂げる。人は運命と戦うために生まれた。
*大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』
大久保正雄『永遠を旅する哲学者 イデアへの旅』
――
【瀕死のイタリア、ベルガモからのメッセージ】
Message fron Bergamo Italy
瀕死のイタリア、ベルガモからのメッセージ
Rinascerò rinascerai, Roby Facchinetti
https://youtu.be/E_xtupkPyho
Roby Facchinetti-私は生まれ変わる、あなたは生まれ変わる
https://youtu.be/D5DhJS5hGWc
――
訳詞

私は生まれ変わる、あなたは生まれ変わる
それがすべて終わったとき
私たちは再び星を見に戻ります
私は生まれ変わる、あなたは生まれ変わる
私たちを圧倒する嵐
それは私たちを曲げますが、それは私たちを壊しません
私たちは運命と戦うために生まれた
でもいつも勝ちました
これらの日は私たちの日を変える
今回はもう少し学びます
私は生まれ変わる、あなたは生まれ変わる
私は生まれ変わる、あなたは生まれ変わる
大空に抱かれる
私たちは神を信頼するために戻ってきます
しかし、沈黙は新しい空気を吸い込みます
しかし、私のこの町は私を怖がらせます
私たちは運命と戦うために生まれました
でもいつも勝ちました
生まれ変わる生まれ変わる
生まれ変わる生まれ変わる
生まれ変わる生まれ変わる
生まれ変わる生まれ変わる
生まれ変わる生まれ変わる
生まれ変わる生まれ変わる

Questo il testo di “Rinascerò”.
Rinascerò rinascerai
quando tutto sarà finito
torneremo a riveder le stelle
Rinascerò rinascerai
la tempesta che ci travolge
ci piega ma non ci spezzerà
siamo nati per combattere la sorte
ma ogni volta abbiamo sempre vinto noi
questi giorni cambieranno i nostri giorni
ma stavolta impareremo un po’ di più
Rinascerò rinascerai
Rinascerò rinascerai
abbracciati da cieli grandi
torneremo a fidarci di Dio
ma al silenzio si respira un’aria nuova
ma mi fa paura questa mia città
siamo nati per combattere la sorte
ma ogni volta abbiamo sempre vinto noi
Rinascerò rinascerai
Rinascerò rinascerai
Rinascerò rinascerai
Rinascerò rinascerai
Rinascerò rinascerai
Rinascerò rinascerai
Il brano è arrangiato da Danilo Ballo con il mixaggio di Marco Barusso, i cori sono stati cantati da un gruppo di voci bergamasche riunite grazie alla collaborazione di Daniele Vavassori, e dalla voce di Valeria Caponnetto Delleani, mentre le chitarre del finale sono suonate da Diego Arrigoni, chitarrista dei Modà.
Come fa sapere Facchinetti, la canzone uscita solo ieri, è già prima nella classifica iTunes.
歌はマルコ・バルッソのミキシングとダニロ・バロがアレンジし、合唱団はダニエレ・ヴァヴァッソリのコラボレーションのおかげで集まったベルガモの声のグループとヴァレリア・カポネント・デッレアーニの声で歌われ、フィナーレのギターはディエゴが演奏しましたModàのギタリスト、Arrigoni。
――
参考文献
私たちは運命と戦うために生まれた・・・Rinascerò rinascerai, Roby Facchinetti
https://bit.ly/2R7KGCH
「法隆寺金堂壁画と百済観音」・・・法隆寺と百済観音の謎
https://bit.ly/2J66OZZ
「法隆寺金堂壁画と百済観音」・・・若草伽藍と聖徳太子の謎
https://bit.ly/2R8JNtG 

2016年12月14日 (水)

大久保 正雄「夕暮れの諧調、夕暮れの図書館」

Toledo_sunsetClaude_lorrainodysseus_and_clyseis_Santorini_1920x1200_69225_2016大久保 正雄「夕暮れ散歩、夕暮れの諧調、夕暮れの図書館」
黄昏の丘を越えて、黄昏時、美しい人に会いに行く。夕闇迫るとき、夜霧の忍び逢い。美しい人は、夜霧の中に佇み待っている。愛を語る夕暮れの宴。黄昏の忍び逢い。
黄昏時にはこの世が、強者も弱者も、貧者の家も富者の館の玉楼も、すべて夢か幻想のように、跡形なく消え、夕闇の空に霧のように昇ってゆく。

黄昏の丘を越え、黄昏の森を歩いて、黄昏の町に行く。世界の片隅で、美しい人に呼び止められる。黄昏の丘、夕暮れの諧調。
森の中の図書館に行く。ボードレール『夕暮れの諧調』『万物照応』『香水壜』を、黄昏の部屋で読誦する。黄昏の光芒が、森の木々に満ちてくる。
時の彼方より蘇る、思い出。黄金の黄昏に沈みゆく。フィレンツェの丘の上、町を一望する眺望と美術蒐集で埋めつくされた館。

哲学者は旅する。美への旅、本質への旅、魂への旅、時空の果てへの旅。
美は真であり、真は美である。これは、地上にて汝の知る一切であり、知るべきすべてである。*
はちみつ色の夕暮れ、黄昏の丘、黄昏の森を歩き、迷宮図書館に行く。糸杉の丘、知の神殿が目覚める。
美しい魂は、輝く天の仕事をなす。美しい女神が舞い下りる。美しい守護精霊が、あなたを救う。
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
*大久保正雄『永遠を旅する哲学者 美のイデアへの旅』

「住む人もない廃屋があって、衣装箪笥がある。それは黴の匂いがつまり、埃が積もって黒くなっている。衣装箪笥をあけてみると、ときどき古い香水壜が見つかる。栓を開けるると残香が立ち昇ってくる。それにふれた瞬間、昔の思い出がよみがえる。魂がいきいきとよみがえり、迸り出る。」
「暗闇のなかで静かにふるえながら、蛹のように眠っていた無数の記憶が。瞬間、紺碧に染められ、薔薇色に彩られ、金色に輝いて。思い出の翼を拡げて、飛翔し始める。」
(ボードレール『香水壜』より)
「夕されば、今、花々は、梢に揺れて、香爐のように、花の香が、風に薫じて、音と馨と、黄昏の空に渦巻く。憂欝なワルツよ、もの憂い眩暈よ。」「香爐のように、花の香が、風に薫じて、悩ましい心さながら、ヴィオロン、震え。」
(ボードレール『夕の諧調』(Harmonie du Soir)より)
「自然は神の宮にして、生ある柱。時おり、捉え難き言葉を洩らす。人、象徴の森をへて、此處を過ぎ行き、なつかしき眼相に、人を眺む。」「馨と色と音と、互いに答える。」
(ボードレール『万物照応』(Correspondence)より)
(ボードレール『悪の華』鈴木信太郎訳より改稿)

「美は真であり、真は美である。汝が生涯知るべきことはそれがすべてである。」*
Beauty is truth, truth beauty"-that is all Ye know on Earth, and all ye need to know.
*John Keats, Ode on a Grecian Urn

この世界の果て、図書館の片隅に、秘められた思い出がある。時を超えた真の心が、枯れ果てる虚飾を超えて蘇る。
玉のをよ絶えなば絶えね ながらへば 忍ぶることの弱りもぞする 式子内親王
私の命よ、絶えるなら絶えてしまえ。このまま生きながらえば、心に秘めた恋がばれてしまいそうだから。この歌は、後白河法皇の三女、式子内親王の歌。藤原定家との秘められた恋が歌われているのか。
逢ひて逢はぬ恋、忍ぶる恋、秘密の恋、みぬ恋、逢はぬ恋。『新古今和歌集』『六百番歌合』の美学がある。
*大久保正雄『新古今和歌集、妖艶の美学』より
*大久保正雄『旅する哲学者 美への旅』より
*大久保正雄『永遠を旅する哲学者 美のイデアへの旅』
大久保正雄「旅する哲学者、ソクラテスの戦い ソクラテスの祈り」
https://t.co/gW05rsb44i
★Claude Lorrain: Ulysses Returns Chryseis to Her Father, 1644
★Santorini sunset
大久保正雄2016年12月13日

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31