無料ブログはココログ

« 2019美術展ベスト10・・・旅する哲学者 美への旅 | トップページ | 美術館スケジュール2020年・・・旅する哲学者 美への旅 »

2020年1月 1日 (水)

2020 謹賀新年 蘇る不滅の精神

Taisyakuten-touji-839_20200101161301
Taisyakuten-touji_20200101161301 
Toji2019
大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』第203回
1、理念を追求する精神
理念を追求する精神は、邪知暴虐な権力と戦い、闇の彼方に美を求める。理念の人は、苦難を超えて、輝く天の仕事を成就する。空海、孔子、織田信長、李白、プラトン。即身成仏、仁義礼智、天正、武の七徳、桃花流水杳然去、海原の彼方の美のイデア、存在の彼方の善のイデア。
美は真であり、真は美である。これは、地上にて汝の知る一切であり、知るべきすべてである。美しい魂は、輝く天の仕事をなし遂げる。美しい女神が舞い下りる。美しい守護精霊が、あなたを救う。永遠を旅する哲学者は、時を超えて、理念を追求する。黄昏の丘に降り立ち、不滅の魂の神殿に到達する。美のイデアへの旅。
大久保 正雄『旅する哲学者 美への旅』より
2、旅する哲学者、美への旅
空海は、十二年間山林修行し、密教の意味と本質を求めて唐に航海し、805年、青龍寺、恵果阿闍梨の下で、胎蔵、金剛界、伝法阿闍梨位灌頂を受け、奥義を究める。即身成仏義、秘密曼陀羅十住心論を説く。
プラトンは、399年ソクラテスの死後、魂の本質を探求して12年間、地中海を旅する。387年アカデメイアを創設。3度シケリアに旅し独裁僭主ディオニュシオス1世2世と対峙する。348年八十歳で書物を書きながら世を去る。美の海原の彼方に美のイデア、存在の彼方に善のイデアをみる(中期対話篇『饗宴』『国家』)。魂の不死不滅とイデアの不変(『パイドン』)。
旅する哲学者は、逆境を越えて蘇る。旅する哲学者は、創造と美の極致、叡智を探求する。至純の魂は、輝く天の仕事をする。
3、李白 旅する詩人、不屈の魂
李白は、壮絶な苦難を超え、生涯、旅に生きた至高の詩人。李白は、世に出る道をふさがれ、10代から20代、蜀の各地を放浪した。放浪、隠遁志向を持ち、旅を続けた。天宝元年(742年)から1年半、玄宗皇帝の宮廷に仕え、都長安に留まる。しかし、皇帝の宮廷の阿諛追従の世界に倦み、再び、放浪の旅に出る。李白(701年—762年10月22日)、唐の絶頂期を生きた不屈の詩人。
4、織田信長、階級社会に挑む戦国武将
【織田信長、謀反と戦う】父信秀の葬儀で位牌に抹香を投げつける。18歳。稲生の戦い、弟信行の謀反1700人に信長700人で戦う。23歳。信行2度目の謀反、清州城天主次の間で返り討ち、24歳。本能寺の変、信長70人に光秀1万3千人。自刃。49歳。
5、復讐する精神 復讐するは我にあり
【復讐する偉大な王】アレクサンドロス大王、クレオパトラ7世、弟プトレマイオス14世を暗殺。プロイセンのフリードリッヒ大王、織田信長。偉大な人生は、復讐から始まる。絶望に立ち向かう。絶望を超えて、復讐を果たし、天の仕事を成し遂げる。
16世紀エリザベス朝ルネサンス復讐劇は、ストア派哲学者セネカ『テュエステス』が原典である。テュエステスと兄アトレウスの王位継承を巡る復讐劇。ギリシア悲劇ソポクレス『テュエステス』エウリピデス『テュエステス』が起源であるが今は失われて存在しない。ルネサンス復讐劇『ハムレット』1602、太田牛一『信長公記』1613
6、空海、聖なるものは悪を滅ぼす
空海は三界の衆生を害することとは三界の無明を断じることに他ならないとしている。*三毒。貪欲・瞋恚・愚痴。貪瞋痴。
『理趣経』、【『般若理趣経』第三段】「金剛手よ、もしこの理趣を聞きて受持し読誦することあらば、たとひ三界の一切の有情を害すも悪趣に堕せず」
7、世に背を向け道を探求する、孤高の藝術家
北斎、伊藤若冲、曽我蕭白、ルキノ・ヴィスコンティ
8、天下第一の名人を求める
【信長の価値観】1、天下第一の名人。美しい人。卓越性のある人。2、役に立つ人。3、地位、肩書き、外面だけで役立たずな人。地位と権力の奴隷。4、地位、肩書、権力を悪事に使う人。
――
参考文献
大久保正雄「ルネサンス、メディチ家と織田信長」
https://t.co/J6q12oMYUX
織田信長、元亀の争乱。武田信玄の死。絶世の美女、生駒吉乃・・・戦う知識人の精神史
https://bit.ly/2oacbQH
旅する思想家、孔子、王羲之、空海と嵯峨天皇
https://bit.ly/2zsD05T
密教経典『理趣経』・・・空海と金剛界曼荼羅
https://bit.ly/2H2diKc
旅する哲学者、ソクラテスの戦い ソクラテスの祈り
https://t.co/gW05rsb44i
「国宝 東寺-空海と仏像曼荼羅」東京国立博物館・・・空海、理念と象徴
https://bit.ly/2Ov53Hz
「奇想の系譜展 江戸絵画ミラクルワールド」東京都美術館・・・世に背を向け道を探求する、孤高の藝術家
https://bit.ly/2BUy4rl
2019美術展ベスト10・・・旅する哲学者 美への旅
https://bit.ly/368lxxe
今谷明『信長と天皇 中世的権威に挑む覇王』
――
東寺、帝釈天、インドラ、「国宝「立体曼荼羅」東寺講堂、平安時代、承和6年(839)

« 2019美術展ベスト10・・・旅する哲学者 美への旅 | トップページ | 美術館スケジュール2020年・・・旅する哲学者 美への旅 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2019美術展ベスト10・・・旅する哲学者 美への旅 | トップページ | 美術館スケジュール2020年・・・旅する哲学者 美への旅 »

最近のトラックバック

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31