無料ブログはココログ

« 2016年 美術展ベスト10・・・旅する哲学者、美への旅 | トップページ | 大久保正雄「愛と美の迷宮、ルネサンス、メディチ家と織田信長」 »

2016年12月29日 (木)

戦略なき国家は、敗北する。孫崎享

196Magosakiookubo_05jpg戦略なき国家は、敗北する。(孫崎享『日本人のための戦略的思考入門』)
戦略なくして国の存在なし、歴史を学ばざる者に戦略なし。歴史で事実を知るのではなく、歴史から戦略の考察の仕方を学ばなければならない。
最高の戦略は、敵の謀略を絶つことである。「故に、上兵は謀を伐つ」『孫子』
アメリカの核の傘は、存在しない。核の傘は、幻想である。日米安保条約は、日本を防衛しない。最高の核戦略は、相互確証破壊戦略(MAD)である。「米国が非核保有国に核ミサイルを撃ち込むこともありうる。」
戦略なき国家、日本は敗北する。良い商品を、安く大量に生産することに成功しても、日本経済は敗北する。日本人には戦略的思考がないからである。
孫崎享『戦後史の正体』はベストセラーであるが、国家戦略を考えるために、孫崎享『日本人のための戦略的思考入門』は、名著。必読の書である。@leonardo1498

■孫崎享『日本人のための戦略的思考入門』
内容
第一章 戦略とは何か
戦略とは何か――「相手をやっつける手段」からの脱却
日本にとっての「大きな問題」とは
重要なのは相手でなく自分に悟らせること
孫子の再発見
クラウゼヴィッツ、モルトケの戦略論の欠陥
新たな概念はないが、組み合わせは無限にある
「対米追随」で将来を乗り越えられるか
日本をめぐる安全保障環境の変化

第二章 なぜ日本人には「戦略」がないか
ジョークから見た日本人
「日本人は戦略的思考をしません」と言ったキッシンジャー
『菊と刀』と『日本人とユダヤ人』の描く日本人像
戦略を学ぼうとしない日本
三年後あなたは何をしていますか?――戦略的発想の欠如
戦略的思考のない日本企業は敗れる

第三章 戦略論はどのように発達してきたか
軍事戦略と経営戦略を融合させたマクナマラ
戦略の伝統的定義――クラウゼヴィッツ・モルトケ・ハート
戦闘を回避するための新しい戦略――ハートの間接アプローチ戦略
現代の戦略は「ウェストファリア条約」を守るか否か
ゲーム理論による新しい戦略――最良の戦略は自分では決められない
戦わないことの意義を説く戦略論――シェリングの教え
「相互確証破壊戦略」の誕生――割に合わなくなった戦争
「ミサイル防衛構想」は有効か
米国の核戦略の変遷
米国は報復力を持たない相手に核攻撃をするか
経営戦略論の発達

第四章 戦略論の古典から学ぶ
第二次大戦後再評価される孫子
孫子の現代性とは――マクナマラ戦略との共通点
インドの古典『実利論』――隣国に対処する多様な道
クラウゼヴィッツの『戦争論』と米国の「戦争原則」

第五章 歴史から学ぶ戦略的思考
なぜ歴史を学ぶのか
トゥキュディデス『戦史』から何を学ぶか――ジョセフ・ナイの教え
戦略家は歴史をどう見るか
歴史上の失敗の要因

第六章 現代日本の安全保障戦略――三つの疑問点
(1)戦略の基本がない日本の防衛政策
「基盤的防衛力構想」の驚くべき内容
なぜ日本は自らを守ろうとしないのか
米国は本当に日本を守ってくれるのか
(2)中国の核兵器にどう対抗するか――「核の傘」の信頼度
「核の傘」という幻想
抑止論に曖昧さはない
(3)「国際的安全保障環境の改善」に軍事的に協力する危うさ
日米同盟の強化は世界に平和をもたらすか
テロ根絶のためにすべきこと

第七章 普天間基地移転問題に見る日米同盟
鳩山総理への提言
「ジャパン・ハンドラー」たちの怒り
報道されなかった米国安全保障主流派の見方
普天間基地問題が日米関係全体にもたらす意義
辺野古移設推進派の都合よさ

第八章 日本の独自戦略追求は可能か
第九章 現在の安全保障上の問題を考える

■参考文献
日本人のための戦略的思考入門―日米同盟を超えて(祥伝社新書210) 孫崎 享
http://www.amazon.co.jp/dp/4396112106/ref=cm_sw_r_tw_dp_g...
戦後史の正体 (「戦後再発見」双書) 孫崎 享
http://www.amazon.co.jp/dp/4422300512/ref=cm_sw_r_tw_dp_0...
孫崎享http://twitter.com/magosaki_ukeru

■孫崎享 1943年旧満州国生まれ。東京大学法学部中退、外務省入省。外務省国際情報局長。駐イラン大使等を歴任。元防衛大学校教授。「日本外交現場からの証言」で山本七平賞を受賞。他の著書に「情報と外交」等。
著書
『日米同盟の正体――迷走する安全保障』(講談社現代新書、2009年)
『情報と外交』(PHP研究所、2009年)
『日本人のための戦略的思考入門――日米同盟を超えて』(祥伝社新書、2010年)
http://blog.livedoor.jp/leonardo1498/archives/18772916.html
―――――
孫崎享×大久保正雄「国家権力の謎、独裁権力との戦い」敵の謀を討つ
https://t.co/lUZ8Q6wgrZ
孫崎享×大久保正雄「国家権力の謎、独裁権力との戦い」
http://t.co/91TY3KVEYS
孫崎享×大久保正雄「国家権力の謎、独裁権力との戦い」言論弾圧、大衆操作
https://t.co/ZwYXzga2qH
孫崎享×大久保正雄「国家権力の謎、独裁権力との戦い」経済戦争
https://t.co/3klqtCgGAD
孫崎享×大久保正雄「国家権力の謎、独裁権力との戦い」戦争は作られる
https://t.co/0LsETC4Joy
孫崎享×大久保正雄「国家権力の謎、独裁権力との戦い」権力の闇
http://t.co/obtjedW3CZ

« 2016年 美術展ベスト10・・・旅する哲学者、美への旅 | トップページ | 大久保正雄「愛と美の迷宮、ルネサンス、メディチ家と織田信長」 »

国家戦略」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2082986/69035915

この記事へのトラックバック一覧です: 戦略なき国家は、敗北する。孫崎享:

« 2016年 美術展ベスト10・・・旅する哲学者、美への旅 | トップページ | 大久保正雄「愛と美の迷宮、ルネサンス、メディチ家と織田信長」 »

最近のトラックバック

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31